9月の浮気相手

みなさんちくしょうこんにちは、夏です

 

 

年が変わったので、去年のこと書きます。

 

 

 

 

去年9月

 


出会い系で知り合った男に

初っ端から遅刻をされてた私は、待ちきれずに電話をかけた。

私のすぐ横をiPhone片手に、小走りに抜ける小柄な男がいた、あーこの人かと思った。

 


物陰に隠れてそれを見ていた私に気づいて男は言った

「あ、いた、初めまして」

 

 

男はいくつか年上、映画館のマネージャーとして働いていた、私の憧れの職業だった。

 

私が勤めてた映画館は従業員数が多く、フリーターから社員にあがるには人がいすぎた為諦めてしまったが

映画も映画館の仕事も好きだったので、男とは知り合ってすぐ打ち解けた。

 

会うまでの一週間は電話で

自分たちの話や、悩み事などたくさんの話をしたなら初めて会う気がしなかったが

 

いざ目の前にすると、やっぱり意識してしまう自分がいた。

 

 


9月、日中の強い日差しとは裏腹に、夜はもう肌寒かったこの日

 

 


予定を全てこなした私たちは、お互い夏の間にできなかった花火をすることになった。

 

 

終電も気にせず、楽しいなとはしゃぐ男の顔を

夜になって、やっとまじまじ見つめられるようになった。

 

男は小柄で色白、黒い短髪はワックスで丁寧にセットされていて、服は古着だがバランスよく綺麗にきこなしていた。

 

ひとつひとつの仕草や、笑う顔が綺麗だと思った。

 

 


出会い系で知り合う人とは

顔の好みとか連絡の頻度とか、そんな些細なことが合わないだけでたやすく縁が切れる。

共通の知り合いがいないからだ。

あとで誰かからとやかく言われることもない。

スワイプひとつで二度と連絡が取れなくなる。

 


だからなんとなく思った。

「来年はきっと花火できないね」

 


唐突にこんなこと言われたら誰だって驚くに決まってるのに言ってしまった。


男は「え、なんで、来年もやろうよ」と驚いていた。

 


タイトルでもう書いてるけど、私には付き合っている人がいた。

 

テ◯ンダーにはまっている女友達に感化されたのと、彼氏に会えない間のひまつぶし程度の感覚だった。

 

 

男は仕事が好きだった

昇進試験に取り組んだり、休日の午前でもすぐ電話をとるし、面倒ごとを任されてもするするこなしていたんだと思う。

 

 

「お互い切磋琢磨できるような女の人と付き合いたい」と

二人ベランダでタバコを吸う際よく言っていた。

 

私とだって切磋琢磨できるでしょ、と思った気持ちは煙と一緒に空に吐いた。

 

 

 

当時私は仕事をしてなかった。

なぜだかできなかったのだ。

どうしてもどうしてもキツくて、新しい仕事も二日で辞めた。

 

 

職場目前で行きたくないと泣きながら、彼氏に電話をかけた。

「いやでもいかないと」と彼氏は言った。

 

わがままだが、できたら迎えに来てほしかった。一目散に抱きしめてほしかったし、どうしたらいいか一緒に考えてほしかった。

 

 

彼氏とは叶えられない願いだったけど

男はすぐに家に招いてくれた、とりあえず映画でも観よう、うちならいくらでも居ていいよって、慰めてくれてた。

 

 

 

男に認められる様にがんばりたいと思ってた。

 

 

 

けれど、男はこの後すぐ、私ではない別の好きな人ができた。

 

 

 

 

 

男はよく、元彼女に女絡みをしつこく問いただされていて

 


「そんなの相手してるお前も悪いよ、なんの話してんのか見せてよ」と私は言った。

「お前にはもうなんだって話せるし、見てもいいよ」男は言って

私に元彼女とのラインを見せてきた。

その画面にあったやりとりを、彼は覚えていないらしかった。

 


私の話がされていた。

それはもうめちゃめちゃひどい内容だった。

顔はタイプじゃないけどセフレいる、可愛いって一度も思ったことはないし、付き合うつもりもないわ、とかとか

 

私は男の連絡先を消した。

 

 

 


tetoの「9月になること」を最近聴いた。

 


「南へと向かうあの人の影に、私の足で追いつきたいの」

「過ぎ去った夏が作り出した、ぶっきらぼうな夜を少し恥じた」

「あなたへの遠い遠い遠い遠い距離が、重なって重なって」

 

 

 

ここで思い出してしまった。

 

 

正直めちゃくちゃ好きだった。

 

 

眠くなるまで映画を観たこと、好きなバンドが曲が同じだったこと、朝起きてパンを焼いたりコーヒーを淹れたりしたこと、同じタバコを吸い始めたこと、何時間もした電話くだらない日常のラインあの部屋の家具柔軟剤とシャンプーの香り

 


今でも許してない、きちんと謝られることもなかった。

男に彼女ができた時、もうどうでもいいと思ったし、さっさと別れればいいのにとさえ思った。

 

 

浮気なんてくだらないと思っていたけど、本気で好きになってしまった、クソみたいな記憶

思い出すたびに息がつまるこの記憶の供養に、

後悔に、9月になることが響いて書いてしまった。

私の、このくだらない一夏に、さようなら。

春とプルームテック

 

みなさんちくしょうこんにちは、夏です。

春っぽくなってきたなと思った時に書いたブログをいまさらあげます。

 

 

ずっと欲しかったプルームテックを買って

これにしようと決めてたフレーバーを吸いながら歩いてた夜に思い出したこと。

 

 

 

彼氏の部屋で、彼氏のPCで

ひたすらアマゾンプライムを見漁って

飽きたら彼氏のベッドに寝転んで

彼氏が買ったコンビニのごはんを食べて

彼氏の買い貯めたプルームテックを吸いながら

ただただ帰りを待つだけの毎日を送っていた時期があった。

 

 

 

一年前の春に、6個年上の男と付き合っていた。

 

 

 

あの頃は、なんとなく毎日が気だるくて、相変わらず仕事もしてなくて

あー、彼氏作んなきゃなって思ったら漠然と寂しくなって

ネットでいろんな人と話して会ったりしていた。

 

 

 

どの人も本当に同じ国の人間かよってくらい

価値観も暮らしも、恋愛観も違くて

迷って、傷つけられて、貞操観念もぐちゃぐちゃになっていた時

 

 

 

 


知り合った人の中に

真面目そうで良さそうな人がいた。

全然タイプじゃなかったけど、周りの賛成意見は多くて、二回目のデートで告白してもらったのもあってお付き合いした。

 

 

 

結局、嫌なところがどんどん見えてきて

浮気されて嫌気がさして別れた、でも。

 

 

 

部屋で1人、彼の帰りを待ってたあの時

ペットのトカゲのお世話をしていたあの時。

 

 

 

スーパーで彼氏が喜びそうなごはんを選んで買っておいてあげた時。

 

 

 

夜、ふたりでタバコを吸いながら、コンビニに歩いたりしていたあの瞬間瞬間は

まあちょっとは幸せだったかなと思った。

だからきっと、プルームテックのフレーバーは彼が好きだったあれを買おうと思ってたのかと納得した。

 

 

 

全く戻りたくないし、完全に縁を切った今でも思い出すたび嫌な気分になるのに

プルームテックを吸った時だけ、上澄みの綺麗な記憶を思い出す。

 

 

 

結局プルームテックにも飽きて

今は友達が吸ってる紙タバコに戻した。

そういうところが自分の好きなところだなと思った。

悔い改めるとか

 

みなさんちくしょうこんにちは、夏です。

 

 

悔い改める

過去のあやまちを反省して、心を入れ替える

 

 

 

 

反省するとか、失敗を次の恋愛に生かすとか、難しすぎじゃない?

の精神で恋愛し続けた結果、散々な目に合い、メンヘラまで発症した私の悔い改められるまでの道のりブログ、開設。

 

 

 

ここ一週間、散々な目に合いすぎて精神がズタボロになったので全部ここに書いてやるクソ!!!

 

 

 

それは後々書いていくとして、今日はめちゃくちゃ格好良い人とご飯でした。

 

 

あまりにいい人なので、恋愛感情抜きにふつうに仲良くなろうと思って初めましてしたんだけど

 

 

無茶苦茶イケメンじゃん.........え........なんでこんな人が私と........ってレベルで終始ごもる私。

 

「そろそろ行く?」

で気づいたら23時を回っていた、しんどかった。

 

 

男が吸ってるタバコが気になって仕方なかったけど、

「2人でごはんを食べるとき、タバコ持ってこないの、男性に失礼かなと思ってて」

とか無駄な意地を張ってしまったがために

そのタバコ吸わせてチャレンジに失敗

 

 

帰り道、わたしは一人で同じタバコ買って、一本吸って、そのまま捨てたのでした。