読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二度目のさようならの話

 

 

4月3日のブログでさようならになってしまった男子とのその後の話、なかなか長いです。

 

 

ブログから数日後の夜

連絡が取れなくなっていた彼が、知り合ったマッチングアプリにログインしているのを発見

 

 

このまま無視するか、会いたいと伝えるか、どうしたらいいか分からなかった私はただ謝ることしかできませんでした。

 

 

その後なぜこうなったのか、ラインで説明を受けました。

 

 

全ての結論から言うと、タイトル通り、私たちはもう会うことはないです。

最後の電話で、言い合いになった結果彼から

「2人で手を繋いで笑っている未来が見えない、もう疲れた、会いたくない」 

「こうなることがなんとなく想像できていたから会わなかったんだ」

と言われました、同じくそう思うし、それでいいと思ってます。

 

 

ただ、最初の彼とのやりとりを見返すと

こうなること分かってたっていうのは後付けだなあと感じます。

 

彼は

・会っていたら自分の悪いところを見せてしまっていた

・会っていたら本当に帰さなかったと思う

・最初に抱いた感情とかけ離れている

・悪い方向に進んでいた

 

 

と言っていたけれど、のちの電話で彼はセフレに関して

 

 

一夜の関係は悪いことじゃないと思ってる、お互いがしたいことをして、欲求が解決されるならそれでいいし、実際にそういう関係に至ったケースもある

 

と語っていました。

 

 

ってことは私と会わなかった理由はなんだったんでしょうーーー

 

 

話を戻して、ライン再開から一週間後

2人でご飯を食べに行くことに

 

 

予約なしでは入れないとっても美味しい焼肉屋さんでした。

 

 

久しぶりの飲酒だったこともあって、酔いが回ってしまい、眠気もあったため一旦カラオケに行くこと

 

 

ここからが事件の始まり

 

 

少しだけ彼の膝でうたた寝して、起きて一曲歌い切った後、横にいる彼はめちゃくちゃ機嫌が悪かった。

 

 

怪訝そうにスマホを見続けたまま、こちらを全く見ないので

 

 

「なんで怒ってるの?」

聞きました、ここからです

 

 

「怒ってる訳じゃない、けれど、自分が今日一日で俺にしたこと、わかってる?」

 

 

今日一日....?それを聞いた時は

そんなに前から機嫌が悪いなら早く言えよめんどくせえ以外の感情が死にました。

 

 

 

けれど、たしかに

今日一日の私の行動はひどかった。

 

 

焼肉、焼くのは彼に頼んでいました、これ食べたい、次はこれを焼いてほしい

→初対面であることの配慮に欠け過ぎている。

 

 

そんなに飲んではなかったけれど、たぶんピッチが早くて眠くなってしまった挙句寝たことに関しても

→俺が考えていたプランにカラオケはなかったし、寝ている時声をかけた、起きてほしかったからかけたけど、それ聞こえてた?聞こえてなかったの?

 

 

ごめん聞こえてない(苦笑)

 

 

そこからどんどん どんどん私が彼に甘えきっていたことに対する話をされました。

 

 

正直こんなに叱られた事は社会人ぶりで、頭が真っ白になったし、なにも返せないどころか

私が泣きはじめてしまう始末で、もう最悪

 

 

挙げ句の果てには

実は昨晩、別の男の人と会ってきた話をしました、私から

正直、彼の気持ちを確かめたいが為に試しました。

→その話を俺にしたことがどれだけ傷つけてるか、どれだけ失礼かことかなぜ考えられないの?

 

 

ごもっともです、誠に申し訳ありません。

 

 

それでも彼は、なぜか

この歳で分かればそれでいい、好きな人を大事にできるようになってほしい、と泣きじゃくる私をなだめました。

 

 

帰り道、彼の一歩後ろを歩き、買い物をしたいからここでいい、とホーム手前で解散しました、もう精神がめちゃくちゃだったので

 

 

こんだけ言われてますがちゃっかり手も繋いだし、キスも済みでした、どのタイミングだよって感じですが。

 

 

たぶん、この人とはもう終わりだ.......

と思い電車に乗ろうとした時彼からライン

 

 

「変なところには行かないように、あなたを嫌いになったわけじゃないから」

 

 

今日はすみませんでした、、に対しても彼は

「また会おう、謝ることはないよ」

と言ってくれました。

 

 

 

 

 

そのまた数日後に、言い争いは起こったのでした。

 

 

内容はもうほぼカラオケの時のぶり返しで

 

 

私が悪いのはもう分かったんです、でも

 

 

こうやってすぐぶつかってしまうことに対して、全てこちらが悪いと思ってるのか?自分は私に対しての態度を改めようとは考えないのか?

 

 

私の言動、行動に腹を立ててるのは分かるが全て私のせいにするのはおこがましくないか?

 

 

ついに反撃に出ました、まあこれが彼のなんかプライドとかを傷つけたのでしょう。

 

 

私が初めて彼に楯突いた女になるであろうと思い反論しましたが、それもまたおこがましい話だよなと今さら痛感しています。

 

 

 

二度目ですが

「もう疲れた、会いたくない」

と言われたので電話終了、関係も終了。

 

 

最後に感想を書くと、わたしはそれでも

彼のことが好きでした。

 

 

この一件で学べたのは

・私は、なぜ?どこが?なにが?って質問をされるとめちゃくちゃ困るということ

(直感で後先考えずにものを言うので具体的な理由がすぐに出ない)

 

 

・大事な場面で考えることやめる癖がある

(彼とのやりとりを見せた友達に、なんでここでありがとうが言えないのか、なんでここで言葉を端折るのかと指摘されてから気がついた)

 

 

最後の電話で

「会った時にあなたに伝えたことは全部無駄だった、なにも変わってない」

と言われたのが、わりと頭から離れません。

 

 

私がもし、大人として魅力的な人に変われたら、また会ってほしいなあと思ってしまうのでした。

 

 

おしまい。