嘘をつくという事

みなさんちくしょうこんにちは、夏です。

 


少し前から頻繁に連絡をとり、ご飯に行ったりしていた男性、Aさんに
この度お付き合いを申し込まれました。


すごく好きになってくれたのも、大切にされているのも、とても伝わっていたから
一度はOKしました、けれど
やっぱり友達としてまたやっていきたいと思ってしまいました。


そして、前回のブログの彼氏との別れ際を思い出して、ハッとしたことがあります、今日はそのお話。

 

 


ある日のAさんとの電話で
Aさんが勤めていると言っていた会社は
本当は去年退社されていて
今は警備のアルバイトをしていると告白されました。

 

実は私も彼と付き合っていた時

仕事をやめたことを隠していて


始めたばかりの仕事を、メンタルの疲れを理由に突然退社したことをすぐに話せなくて、
付き合ったばかりの彼に言い出せなくて、

 

 

彼が言ってくれた
仕事は何時から?疲れてない?お疲れ様。
その言葉に全て嘘で答えていたのがとても苦しくて

 


仕事を辞めた一週間後にやっと言い出せました。

 


彼と別れることになった時、彼は当時のことを
「嘘をつかれていた」と
強く感じたと言っていて


わたしが頑張ってまた仕事を見つけたとしても
おめでとうと、心から言えないと思ったと言われました。

 

わたしの事を好きだと言ってくれたAさんの気持ちを
どうしても受け入れられなかったのは

答えられない、逃げ出したいと思ってしまったのは


もしかすると、元彼氏が感じた痛みと同じだったのかもしれないと気が付きました。

 

嘘をつかれていたとも、その嘘がきっかけでAさんを信用できなくなったわけでもないけれど

 

Aさんの告白がとても引っかかってしまったのでした。

 

それと同時に

私が選択した事、ひとつひとつが
間違っていたのだと、この時やっと痛感しました。


別れてもうすぐ一月
Aさんをきっかけに気がついた事

 

嘘をつくという事は

人を傷つけると同時に

わだかまりを生むという事

 

嘘は愛ではない事を学びました。

 

そしてまた同じことを繰り返す私は

本当に馬鹿だなと思ったお話でした。

 

なんて哀しい人生なのだろうと思いました。